メタボや糖尿病も改善

ダイエット外来で健康的に痩せることで、メタボや糖尿病などの改善が見られた方々のレポートをご紹介します。

メタボリックシンドロームから脱却(40代女性)

ダイエット開始前は、身長157cm体重66kgでした。

20代の時には高脂血症を指摘され、置き換えダイエットやダイエット食品、エステ通いなどにチャレンジしましたが、食べる事を我慢しているのが辛くて、体重も血液データも改善されませんでした。

30代半ばには仕事が忙しくなり、病気入院までしたせいか55kgまで体重が減りました。でも仕事に復帰したら、あっという間に元通りになって、高血圧だと言われる状態に…。この頃には、メタボリックシンドローム予備軍だと悟り、医師が関わるダイエット法をしようと思って、メディケアダイエットを試してみることにしました。

最初に処方された食欲抑制剤を服用すると、満腹感が早く感じられ、空腹感もあまり感じないようになりました。いっぱい食べていたお菓子も、袋ごと平らげてしまうようなことがなくなり、自然と食事量が減少。

イライラしたり、副作用もとくにないまま、1週間で体重が300g〜1.5kgと落ち続け…2ヶ月で8kgも減量できました!BMIも、当初26.7(肥満)だったのが、今では23.4(普通)に!

今は停滞期に入っていますが「体重が減らないからもういいや!」と自暴自棄になることもなく、冷静に食事内容を見直したり、前向きな気持ちでいられます。この気持ちの変化は、いつもカウンセラーさんに精神的に支えて頂いている賜物だと思います。

糖尿病になりかけていた私が…(50代女性)

身長153cmの私は、40代前半で70kgを超えそうになり、耳つぼダイエットに手を出しました。半年ぐらいで56kgまで落ちて「体重なんてすぐ戻るもの」という変な自信がつきました。

少しずつ元通りになっても「太っていても体調が悪いわけじゃないし…」と思っていましたが、閉経とともに血圧やコレステロール値が高くなり、薬を飲むように。さらに職場の健康診断で「糖尿病の入口」という指摘が!それをきっかけに、メディケアダイエットを始めたのです。

その結果、今では66kg(−11.3kg)に!とにかく安心して話せるカウンセラーさんに出会えたことが、大きかったと思います。着実に体重が落ちれば自分のことのように喜んでくれて、停滞期になると「そんな時もあるから、ゆっくりやりましょう」と励ましてくれます。

カウンセリングでは、夫婦げんかのことや職場の人間関係の悩みまでざっくばらんに話したりして、身も心も軽くなって帰れます。これからも太らない食習慣を身につけて、新しいことにもチャレンジしていきたいと意気込んでいます!

この他にも、ダイエット前は脂肪肝に相当する状態だった人が、ダイエットに成功してγ‐GTPや総コレステロールの値が基準値以下に下がった、という例なども見られます。ただ体重が落ちるだけでなく、健康面でも改善があるのが、ダイエット外来ならではの効果ですね。